紫 雲 茶 想
                      宗 眉 
  流木・古木工房
問い合わせ先 メールアドレスです。mrrmw645@ybb.ne.jp

   主人の洗心ともてなしの美心がとけこんでいる
 のがお茶 いただく客の心も無作
 お互いに敬掌しあい心静かに声おだやかに楽しく
 話しあいつついただくお茶は不老長寿の
 妙術であると云いつたえられている

 茶の友は、利害の魔界に入らずただわけも
 なく信じあいたい
 虚栄仮美に流れることをいましめ 知足
 応分に 常に眼澄むこと
 
 茶会はすくなく茶にいとなみは多くして
 手前には自らのゆびで造り点心をそえること
 木の実 草のみをつかうこと
 
 茶の道に師弟子なく ただ共に学び共に
 行ずる友あるのみ

 茶の道は 心につたえ 目に伝え
    耳に津多江て 一筆もなし

 

             

           トップページに戻る