茶 杓 考 察  

                  渡辺 宗正 
  流木・古木工房
問い合わせ先 メールアドレスです。mrrmw645@ybb.ne.jp
   茶杓は茶入、棗から茶碗にお茶を移すための道具です。
 一見するとなんでもない一片の竹の匙であります。
 しかし、昔から茶人たちは、他の道具以上に深い感情と、想いを抱いてきました。
 お茶道具には、すべて形として 真、行、草に分けることが出来ます。
 茶杓にも、この真、行、草に分けられます。
 真の茶杓は真ん中にある節が無く、行の茶杓は、切止め近くに節があり、草は節が真ん中にあります。
 歴史的に見れば、一番最初は中国から伝来したときは、すべて象牙で出来ていました。
 しかし、茶の流行と共に象牙が足りなくなり変わるものとして考案されたものが竹で節なしの茶杓であったといわれ考案したのは村田珠光あるといわれています。
 さらにこの節を切止めにしたのは、武野紹鷗であり真ん中にも持 っていったのは千利休であると考えられています。
 茶道史に大きな影響を与えた千利休の中節の茶杓は、この時 代に大きく開花しその茶風が わび さび として現代までその形を残しています。
 茶杓には色々な形と材質があり象牙、竹のほかにも一般の木 材がありそれぞれの味をだしています。
 木材に関してはその昔一休禅師の弟子 珠徳が竹では無く木材で試作し、現代までその形を残しています。
一般にこの茶杓は珠徳型といい、竹に比べすこし短いのが特徴になっています。
 お茶を楽しむ私たちとしては、竹、木などの生地を生かし、一層の造形美を追求したいと考えています。
 

             

           トップページに戻る